料理コンテスト始動!今年はテーマ自由で自信の品をご披露します!

田野畑流『おもてなし料理 コンテスト&博覧会』の準備が着々と進んでいます。
国内随一の漁場である三陸リアス式海岸を抱き、豊富な海産物に恵まれるのは言うまでもなく、実は冷涼な気候を活かした酪農・農業も盛んな田野畑。

昨秋の「料理コンテスト」では、ジャガイモを厳寒の川の水でさらし、寒干しして作る「凍みイモの粉」をテーマ食材に、村内の腕利きたちが料理の技を競い合いました。

IMG_1010 IMG_1018

審査委員長の「ロレオール 田野畑」伊藤勝康シェフも「想像を遥かに超えて、お世辞抜きに本当に素晴らしい料理ばかり」と驚くほどの充実ぶり。

そんな中でグランプリを獲ったのが、「思惟大橋レストハウス」の皆さんがつくった「やごべえ御膳」(冒頭の画像)です。“やごべえ”とは「三閉伊一揆」の主導者・畠山太助を支え、活躍した佐々木弥五兵衛からとった名前。村民を支える存在として料理を提供したいというメンバー全員の想いが込められています。「凍みいもの粉」が入手でき次第、この「やごべえ御膳」はレストハウスで提供される予定ですので、楽しみにお待ち下さい!

IMG_1063

一揆の旗印「小◯」(こまる)をイメージしたおやきは紫&白色の2色。「紫じゃがいも」の皮の中身は、白あん。白おやきは、きゅうり、ナス、ワカメを具にした惣菜風。手前に見えるのは、草餅ではなく在来のミニ・キウイ「さるなし」。皮ごと食べられて驚くほどの美味です!

今年はどんな料理が出るのか… 乞うご期待!!
田野畑流 「おもてなし料理コンテスト&博覧会」 概要はコチラ!

ピックアップ記事

  1. マツタケtop
    すっかり秋が深まってきた田野畑村です。一昨日にはついに、今季初暖房、入りました。そんなな…
  2. ウニ丼&行者菜漬
    前回のエントリーで、田野畑村の夏の味覚をご紹介する『田野畑だより 〜 夏・ウニ特集号』を作成中と伝え…
  3. 浜で焼きウニ
    すでに南の方ではウニ漁が始まっていますが、ここ田野畑村ではシーズン到来はまだ。なにしろ寒いんです。…
2016年2月
    3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  
PAGE TOP