田野畑村 ウニの口開け!今シーズンのスタートです

田野畑村の漁師のみならず、村民誰もが待ちに待った、今季の「ウニ」シーズンがいよいよ始まりました!
初夏の風が清々しく吹く昼どき、村内全域の防災無線に、突如「ソーラン節」が流れます。

ヤーレン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン ソーラン (ハイ ハイ)
沖の鴎に 潮どき問えば
わたしゃ立つ鳥 波に聞け
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ ♪ (ハ ドッコイショ ドッコイショ)

元はといえば、北海道 渡島(おしま)半島に伝わる民謡で、ニシン漁の漁師達が「ソーラン、ソーラン」と掛け声をかけ合った「沖揚げ音頭」、労働歌ですが、北海道から青森を越え、ここ北三陸の田野畑村までたどり着いたようです。「ずっと昔から、口開けのときはソーラン節」と村の人は言います。

確かにこの歌、船を出す漁師の心を見事にとらえています。3番、5番の歌詞は、こんな感じ…

男度胸なら 五尺の身体
どんと乗り出せ 波の上
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ ♪

沖の鴎の 啼く声きけば
船乗り稼業は やめられぬ
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ ♪♪ (ハ ドッコイショ ドッコイショ)

漁船といっても、皆1人1船、“板1枚下は海”の“小舟”です。ひとたび海に出れば、大海に浮かぶ落ち葉1枚ほどの小さなものです。気分を高揚させ、大漁目指して乗りこむのでしょう。

そんな田野畑村のウニ漁。今年は「かなり良さそう」とのこと。早速、次々に大盛りのウニカゴを担いだ漁師たちが、戻ってきます。

uni_kuchiake1

持続可能な漁業へ向けて、獲り過ぎを防ぐため、重量1人 30kgまで、大きさは5cm以上のもの というルールがあります。それ以上獲ると、漁協に没収… いえ、自然にお返しすることになります。

uni_kuchiake2

没収されるかも…!? 重量計測は、ドキドキの瞬間です

ほとんどの人が、のきなみ30kg オーバー!皆の表情も明るく、雰囲気も穏やかです。

uni_kuchiake4uni_kuchiake3
大漁、大漁です!

田野畑の昆布&ワカメは、三陸沿岸のなかでも特に肉厚で、味わい深いと市場でも高く評価されていますが、そんな海草類を食べて育つだけに、ウニもサッパリとしながら濃厚な味わい。知る人ぞ知る逸品です。

ウニのシーズンは今月6月から始まり、8月いっぱいまで続く見込みですが、その釣果はいかほどか…?
長く厳しい冬を越え、いよいよ海が熱くなります!

田野畑村のウニを満喫したいときは、コチラへ!
tai_sushi
田野畑・旬のネタを存分にふるまってくれる、村随一の寿司店『鯛寿司』
住所:田野畑村和野258-8
TEL:0194-34-2702

ピックアップ記事

  1. マツタケtop
    すっかり秋が深まってきた田野畑村です。一昨日にはついに、今季初暖房、入りました。そんなな…
  2. ウニ丼&行者菜漬
    前回のエントリーで、田野畑村の夏の味覚をご紹介する『田野畑だより 〜 夏・ウニ特集号』を作成中と伝え…
  3. 浜で焼きウニ
    すでに南の方ではウニ漁が始まっていますが、ここ田野畑村ではシーズン到来はまだ。なにしろ寒いんです。…
2016年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP