食改さん料理実演

今日も元気に「食改さんが行く!」〜 その2『かぼちゃと小豆のいとこ煮』編

先日お伝えした『今日も元気に「食改さんが行く!」〜 その1「おからケーキ」編』につづき、本日はレッスン2日目「かぼちゃと小豆のいとこ煮」編をお届けします。

第1弾『おからケーキ』編 はコチラ ↓

この料理は、昔から田野畑の特に山手エリアで食べられてきた料理の1つ。農作業の節目やハレの日はもちろん、日々の暮らしに根ざした郷土の味として皆で味わってきました。かぼちゃの煮汁をそのまま使ったまろやかな甘さがポイントです。

食改さんでは毎月1回(夏季を除く)、65歳以上の高齢者に手づくりのお弁当を届けているのですが、この『かぼちゃと小豆のいとこ煮』や『いもだんす』のような昔ながらの一品を必ず入れるようにしています。そうすると「懐かしの味」としてとても喜んでもらえるんですね。

かぼちゃと小豆のいとこ煮

1)白玉粉(200g)に水を加えて練り、団子状にして茹でておく
かぼちゃと小豆のいとこ煮01

2)カボチャ(中1/2個)を適当な大きさに切って煮る
3)火が通ったら、別鍋で茹でておいた小豆(3合)を加える( 新しい小豆なら1時間程度、堅めの小豆なら2時間程度)かぼちゃと小豆のいとこ煮02
※適量の砂糖と塩を加えて、かぼちゃが柔らかくなる程度に煮る(目安として砂糖150g、塩大さじ1)

4)ゆでた白玉を加える
かぼちゃと小豆のいとこ煮03
できあがり!
かぼちゃと小豆のいとこ煮4

田野畑村では立派な大人の料理ですが、ちょっと甘さを効かせれば、子どもも喜ぶヘルシーなおやつにもなります。村の大人が昔を懐かしんで「いとこ煮、よく食べたなぁ~、食べたいなぁ~」というときは、そんな記憶が働いているのでしょうね。

食改さん出品の『イモの粉 鮭マヨ コロッケ』が総合グランプリを獲得した「田野畑流 おもてなし料理コンテスト」の模様(後編)はコチラ ↓

ピックアップ記事

  1. マツタケtop
    すっかり秋が深まってきた田野畑村です。一昨日にはついに、今季初暖房、入りました。そんなな…
  2. ウニ丼&行者菜漬
    前回のエントリーで、田野畑村の夏の味覚をご紹介する『田野畑だより 〜 夏・ウニ特集号』を作成中と伝え…
  3. 浜で焼きウニ
    すでに南の方ではウニ漁が始まっていますが、ここ田野畑村ではシーズン到来はまだ。なにしろ寒いんです。…
2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP