100%の満足度!田野畑村ランチバイキングにご注目を!(後編)

「道の駅たのはた」内にある思惟大橋レストハウスで開催した「おふくろの味 ランチバイキング」を昨日ご紹介しましたが、その続きです。

見出しに「100%の満足度!」と書きました。「なにを大袈裟な~」と思われたかもしれませんが、別に煽り文句じゃないんです。本当の話。食後、参加者全員にアンケートを取りました。その結果が、こちら。

bikingQ1

「とても満足」-72.7% 「満足」-27.3% 合計で100%、全員が「満足以上」という回答。
さらに、

bikingQ2

これにも 72.7% の人が「(値段にもよるが)ぜひ頻繁に利用したい」と回答。(残る 27.3% の人も「ときどきは利用したい」) これだけを見ると、思惟大橋レストハウスでランチバイキングをやるべし! やって欲しい!! となります。

ちなみにアンケートでは全11品目中、特に気に入った料理に1~3位の順位をつけてもらったのですが、その得点を合計すると第1位は、この料理でした ↓tori

「鶏肉のケチャップ煮」

bikingQ4
10人いたら 8人が「とてもおいしい」と答えるということですから、相当なレベルです。
そして2位が、
nasu

「揚げナスの南蛮漬け」

bikingQ5
やはり 81.8% の人が「とてもおいしい」と答え、「おいしくない」はおろか「ふつう」と答えた人さえいません。料理としては“ふつうの揚げナス”なのにこの満足度は凄いですね。

では、良いことばかりかというと、さにあらず。こんなことも聞いてみました。

bikingQ3

1番多いのが「800円~1000円未満」という答え。おそらく、10品以上が食べ放題のランチバイキング(しかもデザート2品付!)は、盛岡なら 1200円前後でも安く感じられるだろうし、首都圏ならゆうに 1500円は越えるでしょう。いかに物価が安い田野畑村とはいえ、大量に料理を作らなきゃいけない & ロスになるリスクの高いバイキングを 800円以下で出すのは、経営的には現実的ではないでしょう。

ここに多くの農園レストランが行き詰まる原因がありそうです。つまり、バイキングだと
お客さんはたくさん来る ⇒ 料理はいっぱい作らなきゃいけない ⇒ 忙しい ⇒ ロスは多い ⇒ 利益は少ない…

お客さん&売上が伸びて嬉しいけど、喜びもつかの間、残るもの(利益)が少なく(場合によっては赤字!)で
⇒ 忙しさゆえに体力は消耗 ⇒ 結局、利益(給料)も増えなければ、精神的にもすり減っていく…

view_rest

小高い丘の上にある思惟大橋レストハウス。山の向こうには海が…

「農園レストランに大行列!!」とテレビで報じられていたところが、数年後には閉店なんてケースは大体このパターンですね。では、ランチバイキングは“やってはいけない”禁断の果実なのか…?

そう結論づけるのは早そうです。つぶれる農家レストランがある一方で、しっかり利益を出して繁盛しているところもある。例えば、「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」などは、レストランで儲けるどころか、超多角化経営でJR大阪駅、JR名古屋駅、あべのハルカス等々、一等地に続々支店を出すまでになっています(大人-1,944円 ですが!!

after

つまりは、農家レストラン、ランチバイキングが良い、悪いではなく、高くてもお客様が満足できるものをご提供する。あるいは、地理的条件から売価ゾーン(単価上限)がどうしても決まってしまうのなら、その枠に収まるようなメニュー展開&コスト管理をすれば活路はある、ということでしょう。なにも10品以上、時間無制限じゃなきゃダメ、ではないのだし。

どんなメニュー構成、価格帯、運営管理ができるか、そして、田野畑村でできること & その魅力を最大限いかせる方法を探っていきたいと思います。今回ご協力くださった皆さん、そして今回は参加できなかったけど、「そんなにおいしいなら、私も行ってみたい!」という方、次回開催の折はよろしくお願いしま~す!

次は、9月…??

参加者のコメント(一部抜粋)

今回のテーマである「おふくろの味」がとても良く分かる、シンプルで素材の味が生かされたお料理だったと思います。どこかホッとさせられる、家族で食べたいメニューでした。1番気に入った小〇おやきは家でも作ってみたいです!! ごちそう様でした。

食に関しての取組が活発な田野畑村、これからの活動がとても楽しみです!支援センターの方と一緒の開催で、とても参加しやすかったです。 ごちそうさまでした!!

どのお料理も美味しくて、参加出来て良かったです。田野畑がどんどん盛り上がりますように

今日はおいしいお料理をご準備頂きありがとうございました! xxx円しかお支払いしていないのに・・・・ お腹も心も大満足です。ぜひ次回も・・・・!

家で作るといつも同じようなメニューになってしまうので、とても参考になりました。子供向けのメニューもあると子供連れでも来やすいと思います。

本日はごちそうさまでした。品数のこともありますが、女性(男性も?)は、少しずつ、いっぱい種類が食べたいので、1個を小さくしてほしいです。 ⑫価格について 800円~1000円未満 但し、45分~60分(11:30~13:00入店で)

子育て中で手のこんだ料理を作れないため、とても助かりました。おいしかったです!

kids_mama

キッズスペースもしっかり用意し、ママ友同士の良い交流の場にもなったようです

全11品をご紹介。どれもシンプルながら、美味なんです。「前編」はコチラ ↓

ピックアップ記事

  1. マツタケtop
    すっかり秋が深まってきた田野畑村です。一昨日にはついに、今季初暖房、入りました。そんなな…
  2. ウニ丼&行者菜漬
    前回のエントリーで、田野畑村の夏の味覚をご紹介する『田野畑だより 〜 夏・ウニ特集号』を作成中と伝え…
  3. 浜で焼きウニ
    すでに南の方ではウニ漁が始まっていますが、ここ田野畑村ではシーズン到来はまだ。なにしろ寒いんです。…
2016年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP