子や孫に本当に食べて欲しい“田野畑らしい”料理とは?

子どもたちがいずれ親元を離れていくのは、どこの町でも家でも避けられないこと。特に、田野畑村のように村内に高校がない環境では、ほぼ100%の確率で、中学校卒業とともに親元を旅立っていきます。

でも、そうして旅立っていった子どもたちが、フッと実家や故郷を思い出すとき、家族で食べた懐かしの料理、皆で囲んだ食卓の風景などが頭に浮かぶか否かは、「懐かしな〜」「帰りたいなぁ〜」と思う度合いともかなり強い相関関係があるような気がします。

今回の田野畑流「おもてなし料理」コンテスト&博覧会では、来場者にこんな質問をしました。

「自分の子や孫に伝えたい“田野畑村らしい”料理は、どれですか?」

「一般展示部門」に出品された全41品目のなかから選ばれた“最も田野畑らしい料理”は…

namasu_M

「どんこなます」
出品者:佐々木エミさん(島越地区)

やはり「どんこなます」は強いです。以前の「地域の食 勉強会」でもご紹介しましたが、多くの家庭で親しまれているいわば「田野畑のソウルフード」といっても良いでしょう。

全くの偶然ですが、受賞者発表の際、出品者の佐々木エミさんご自身が会場を離れており、代理で賞を受けとったのは娘さんの夏枝さん。奇しくも壇上にて「親から子へ受け継がれる田野畑の料理“どんこなます”」となりました。

emi_natsue

(村長からお祝いの言葉と記念品を受け取る平坂夏枝さん)

その他、田野畑流「おもてなし料理 コンテスト&博覧会」、一般展示部門にはこんな料理が出品されました。
 

「一般展示部門」 出品料理 その2 〜 おつまみ 篇

「一般展示部門」 出品料理 その1 〜 惣菜 篇はこちら

「一般展示部門」 出品料理 その3 〜 お菓子 篇はこちら
 
 

ピックアップ記事

  1. マツタケtop
    すっかり秋が深まってきた田野畑村です。一昨日にはついに、今季初暖房、入りました。そんなな…
  2. ウニ丼&行者菜漬
    前回のエントリーで、田野畑村の夏の味覚をご紹介する『田野畑だより 〜 夏・ウニ特集号』を作成中と伝え…
  3. 浜で焼きウニ
    すでに南の方ではウニ漁が始まっていますが、ここ田野畑村ではシーズン到来はまだ。なにしろ寒いんです。…
2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP