糸井重里「今日のダーリン」に見る『田野畑だより』の存在価値とは…

週末に糸井重里さんが、こんなことをつぶやいていた…
ちょっと長いのだけど、引用する。

インターネットのあれこれを見ていて、
なにか愉快な気持ちになるということは、
どれくらいあるのだろうかと思う。

ただ事実を伝えているはずのニュースでも、
善男善女が思うことを伝えているブログやSNSでも、
なにを見ていても、なんだかどんよりする。
九州で大きな災害があったのだから、
しかたのないことだろうと思ったりもするのだが、
それとは関係のない情報のほうが、気持ちを暗くする。

とにかく、あちこちで、誰かが誰かを責めているのだ。
些細な失敗や、ありふれた違反や、粗相、失言を、
見つけては叩く、人を呼び寄せ責め立てる。
(中略)
いま、ぼく自身が書いている内容も、
読んでいる人の気持ちを愉快にするものではないだろう。
それはよくわかっているのだけれど、
ちょっとね、もうちょっとなんとかならないものかと、
ついついはじめの三行を書いてしまったのだった。

日常の、というか、リアルの場面でも、
こんなに人のアラを探しだしたり責めたりしてるのか、
ぼくにはぼくの周辺のことしかわからないけれど、
たぶん、そういうものではないと想像している。
(中略)
ぼくは、だんだんとそれが嫌になっていて、
インターネットに触れる時間を減らそうとしている。
冗談として言わせてもらえば、
もうみんな「ほぼ日」だけを見ていればいいのに、だ。
そんなことでまとめると、それを責められそうだけどね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
人と人は、同じ空間で対面しているときのほうが自然では?

「ほぼ日刊イトイ新聞」今日のダーリン 4/23より(太字は筆者)

“なんだかどんよりする。気持ちを暗くする。”
そうですね。そうなったら、もう、いまさらのように
田野畑のような小さな村が、

岩手県の奥の奥、最果ての地!?といえるような場所に位置する村が、
ブログなんてものをやるイミも価値もないですね…

でも、です。
ユウウツになるニュースばかりだから、要らないのであって、

逆に、気持ちが軽くなる、とか
ホッと明るい気分になる、とか

そんな情報が行き交う場所なら、
毎日でも、フラっと立ち寄りたくなるんじゃないか…?

それは昔、なじみの喫茶店やタバコ屋さんに
たいした用ないのに、フラリ立ちよって、四方山(よもやま)話をしてたのと似たようなもんでしょう…?

(タバコ屋さんってものが町から消え、
吸うこと自体が悪みたいになり、
四方山話とか、油を売るなんて行為が、
ムダ・無意味・非効率として排除されつつあるのかもですが…)

だから、『田野畑だより』は、ムリに相手に納得してもらったり、
理屈づけ、説得したり…  そんなことはしないようにしよう…

どうせ田舎ですし、
田舎どころか、「陸の孤島」と呼ばれたほど、ほぼ異国(外国なんだ!)
ですから、こ〜んなカンジで

mochi_kidsM
あんまりイミない、役にも立たない(かもしれない)ことを ユル〜く載せていこう

そう思います。

その方が、四国よりも大きな広さを誇る岩手県のハシっこ、
海と山に四方を囲まれた、小さな村にはちょうど良い気がします。

ブータンじゃないけど、

なんかそこに住んでる人、
気持ちよさそう…

1部の人に、そう思ってもらえたら、それでOK。
そうなれば、ギスギスしたネット社会の片隅に
こんな村が届ける、ちっちゃなお便りに、少しはイミ(いえ、価値)が出るかもしれません。

今日も、『田野畑だより』に来てくれてありがとうございます。

遅ればせながら、ようやく田野畑村にも、春が到着。
sakura
桜はいまが、見ごろです。

ピックアップ記事

  1. マツタケtop
    すっかり秋が深まってきた田野畑村です。一昨日にはついに、今季初暖房、入りました。そんなな…
  2. ウニ丼&行者菜漬
    前回のエントリーで、田野畑村の夏の味覚をご紹介する『田野畑だより 〜 夏・ウニ特集号』を作成中と伝え…
  3. 浜で焼きウニ
    すでに南の方ではウニ漁が始まっていますが、ここ田野畑村ではシーズン到来はまだ。なにしろ寒いんです。…
2016年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP